プロペラ

2013年03月01日

新プロペラ

戸田が終わってその続きで2日間、選手会の会議でした
その会議の後、碧南訓練所で次期導入予定のナカシマプロペラのテスト走行もしてきました

5月以降、新モーター導入レース場は現在使用されているプロペラも同時にヤマト、ナカシマ共に新プロペラとなります

ナカシマの初期導入のプロペラは仕上げが悪く
翼厚がバラバラで、左右の型も違ったりで個体差があり過ぎなのです
そんな感じでほとんど使用されていないので新ペラ状態のものがほとんどなのです

ということで、ナカシマも次期導入予定のプロペラを仕上げて来たので数名でテスト走行・・・

でもやはり、仕上げも動きもヤマトに比べればまだまだなのです

新プロペラ制度は選手が会費を徴収されて選手会が各場に配備しているものなので現状のようなことが続くならナカシマは・・・
y_kototaka at 21:01|この記事のURLComments(0)

2012年05月11日

質問回答

質問をいくつか頂いていたので・・・

プロペラは前回使用した選手が叩いているのをそのまま渡されるのですか
という質問ですが

そのままです
最終日のモーター格納検査終了後はプロペラなど一切触ることができないので最後に走った状態で次の選手に・・・
そして、プロペラは壊れたりしない限り新ペラと交換されることはありません
徳山では最終日にレースでプロペラが壊れた選手がいましたが次にこのモーターを引いた選手は新ペラになっています
レースの途中でプロペラが壊れれば使用していたものと同じメーカーのプロペラと交換になります

次の質問ですが・・・
次節にそのモーターを引いた選手はそのペラを再調整しなければならないと思いますが、物理的にほぼ
100%元に戻す(もしくは自分の得意な形に叩き変える)ことが可能なものでしょうか


元に戻すとか自分の形にするというのは、100%と言われると無理かもしれませんが、ある程度なら自分の形にすることはできると思います
でも大村、徳山でもプロペラをバンバンとこれでもかというぐらい叩いてる選手を見て
あの選手のあとは引きたくないな
みたいな声も・・・

でもそれを含めてのモーター抽選ですしそれを規制することもできないので・・・
逆にこれでもかというぐらい叩いて超抜に仕上げてくれてるならもちろんなので・・・
y_kototaka at 22:12|この記事のURLComments(0)

2012年05月10日

なんちゃって

なんちゃって
ちょっと悪ふざけしたような言葉ですが・・・

これも選手用語として使われています

プロペラを叩き無し(新ペラ状態)の場合に
なんちゃってプロペラ』とか
略して『ちゃって』と言ったりしています

新プロペラ制度が始まって浜名湖、大村、徳山と走りましたが,ヤマトプロペラはなんちゃってで走れるモーターもありました

またそういうプロペラで走れるモーターほど性能が良さそうです

なんちゃってでは回転が上がり辛いのでそれを回しきるということはモーターも良いという感じです

そういうモーターは変にプロペラ叩くよりは乗ってるだけの方が・・・
触らぬ神にたたりなし』です

そして『なんちゃって』は、いつから言い出したのか
みたいな会話も徳山であったのですが・・・

そう言えば・・・
何十年も前に削りだけの叩き無しで
なんちゃってプロペラ』で2、3年稼がせてもらった記憶があります
その時はナカシマプロペラでしたが
ちゃって」と言ってた記憶があります

その頃、流行った気がしないでもないのですが・・・
y_kototaka at 23:46|この記事のURLComments(0)

2012年04月06日

新プロペラ制度 第11弾

新プロペラ制度に使用されるのはモーター1基につき
ヤマトとナカシマが1枚づつ備え付けられます

1基につき2枚だからということで、ヤマトだけ2枚もしくはナカシマだけ2枚というわけにはいきません

実際、現行の選手持ちプロペラではヤマトを使っている選手がほとんどで
割合でいうと9対1もしくはそれ以上かもしれません

中にはナカシマ一筋という選手もいますが・・・
本当に少ないと思います

そんな状況で新プロペラ制度になってナカシマを使う選手がいるんでしょうかと思いたくもなりますよね

でもプロペラは2枚しかないのでヤマトを使用してレースをしてて万が一、前半レースでプロペラが壊れたりすれば新ペラもらって叩き直す時間がなければナカシマでということにもなるので準備はしておかないといけないのです

もう一つ、今回の新プロペラ制度で使用されるプロペラは現在選手持ちで使用しているプロペラに削りとカップが入っているもので原型はほとんど一緒なのです

このプロペラは2005年の新基準(翼厚が厚くなったもの)の時から使用されてきているものです

その新基準になった時、始めはナカシマを使っている選手も結構いました
自分もそうでした

自分の経験上、ナカシマの方が伸び型になり易いので・・
(チルト3用のプロペラはナカシマを使用していました

でも、ピット離れや出足、回り足と総合的に考えると今の主流はヤマトなのです

ということで、新プロペラ制度も最初のうちはナカシマもいけるんじゃないかなと淡い期待をもっています
y_kototaka at 22:42|この記事のURLComments(0)

2012年04月05日

新プロペラ制度 第10弾

新プロペラ制度も間もなく始まります

浜名湖は5月末にSG笹川賞が控えてることもあり
4月12日から先行導入ということで全国のトップをきって始まります

斡旋メンバーもオーナープロペラ経験者が大半で
さらに各支部の選手会役員をしている選手もたくさんいます

自分はその次の節に斡旋されています

その他のレース場も4月27日以降を初日とする開催から新プロペラ制度になります

ということで、自分は次の桐生が現行プロペラの使い納めです
自分で一生懸命作ったプロペラを使えなくなるのも名残り惜しいような気もしますが・・・
新プロペラ制度も楽しみです

今はその準備に追われています

新プロペラ制度が始まるとプロペラを叩くために選手が持ち込めるものは
ゲージと敷き皮だけです

そのゲージと敷き皮の製作に時間を費やしています

ほとんど準備もできた感じなので
新プロペラ制度いつでもです
y_kototaka at 23:49|この記事のURLComments(0)
アルバム
本ブログパーツの提供を終了しました
3661プロフィール
3661 koji yanase
生年月日:1969.8.12
血液型:O型
第73期としてデビュー
通算優勝:5回
通算1着:788勝
(H25.2.1現在)
趣味:ゴルフ、スキー
特技:野球(タイガースファンです)
入場者数



天気予報
QRコード
QRコード
フリーメール(応募用)