質問回答

2016年03月10日

イン強すぎ

「インが強すぎて面白くない」というコメントがありましたので・・・

これにはいろいろな要因があると思います
モーターのことは以前にも書いたりしたのですが
昔に比べ、行き足が良く内よりからスタートしても外から伸びられない
そしてプロペラ制度が変わりプロペラの大きさが一緒なので個性が出し辛く、チルトを跳ねても伸びないのが現状です
モーターが低出力になって行き足悪いなと最初は思っていても選手のプロペラ調整能力もレベルアップしていてすぐに行き足重視になってしまうのです
プロペラを小型化して行き足を悪くしたり、伸びたりはしないかということを選手会でもテストしたりしましたが導入までにはなっていません
こういうテストをしているぐらいですので選手会としてもイン逃げがボートレースの醍醐味と思ってないところもあるのです

選手の旋回技術もかなり上がってきていると思います

さらに番組も一般戦では1号艇にA級選手を乗せる割り合いを多くして売上げ重視や3連単を当たり易くみたいなところもあります
特に西側のレース場にそういう傾向があります
前節の徳山の5日目は12レース中11レースがイン逃げ
選手は走っている立場なので終わってみたら・・・みたいな感じですが
ファンの方からすれば、またか・・またか・・って感じですかね

しかし、現状ではすぐに捲りが決まり出すことはないので
イン逃げを面白くないと思っていらっしゃるファンの方々も
ボートレースは1マークだけじゃなく3周回の2、3着ぜりなどもボートレースの醍醐味と思って楽しんで頂ければと思います

選手も1着は気持ち良くゴールをするだけですが
2、3着ぜりはいろいろ考えながら、息を切らしながらゴールをするのでレースした感じはこちらがあるのです

なのでこれからもボートレースをよろしくお願いします
y_kototaka at 21:29|この記事のURLComments(0)

2015年10月26日

質問回答

乗艇姿勢等について
『若手選手の流行りと言うものはベテラン選手は取り入れにくいものなのでしょうか?』
という質問ですが・・・

自分もベテランの域に入ってきているので・・・
若手の中で上手く乗りこなしている選手を見ていると凄いなと思ったりもします

もちろん真似てみようと思って話ししたりもしますが
やってみても同じようにいかないものです

やはり長年ボートに乗ってきてしみついた乗り方は中々変わらないものです
自分じゃできてるつもりでもビデオ見たら全然違ったり・・・
若いうちだったら真似できたかなと思ったりもしますが
引退するまでは日々進化のつもりで・・・
y_kototaka at 09:29|この記事のURLComments(0)

2015年01月28日

タイム計測

今日は下関のタイム計測でした

「タイム計測」って何という感じですが・・・
これは新モーターをヤマトから施行者が受け取る為に1機ずつタイムを測って正常化どうかを判断するものです

このタイムを計る為に選手がボートに乗って展示の要領で直線タイムを計測します
だからこの計測手伝いに選手が数十名借出されるのです

もう何度も手伝いには参加していますが
測り直しはあっても不合格になったモーターは記憶に無いですね

それでもタイム差は最初からありますし
何機も続けてキャブレターの調整をしたり、音を聞いたりしていると・・・
このモーターは良さそう悪るそうと感じたりもします

そして今回の下関の新モーターも低出力モーターなのです

『今後は全場低出力モーターになるのですか』という質問を頂いていたのですが・・・
昨年の12月から新モーターになっているところから今後は全場低出力モーターになっていきます

まだ自分は低出力モーターに乗ってないのですが
乗った選手の話しではペラ調整等は今までベースで大丈夫そうなのですが・・・
スタートがサバ読みしないといけないぐらい届かなかったり
低出力に乗って次の節に今までのモーターに乗ったら違和感があるみたいな感じも・・・

でもこういうところは選手はすぐ対応してくるので
最初のうちはどうこう言ってても
やはり稼ぐ選手は稼ぐようになると思います

低出力モーターの為に特別準備をしないといけないとかいう話しも聞いてないですが・・・
そろそろ低出力モーターを体験しないと話しについていけなくなりそうです

y_kototaka at 22:19|この記事のURLComments(0)

2014年02月21日

質問回答

質問たくさん頂いているのですが
ここで書き込めない内容もありますので・・・
答えれるものだけですみません

まずは「開催が日延べとなった場合のモチベーションについて」ですが・・・

2日間続けての日延べは結構辛いですね
宿舎に缶詰めですることないので
テレビ見たり本読んだりするしか・・・
モチベーションについては各々で違うでしょけど
初日とかの日延べだったらいきなり水さされた感じですが切り替えはし易いかもしれません
でも予選終わって準優日とかだと予選通過した選手は気持ち維持して頑張れるかもしれませんが
予選落ちしてからの宿舎はさらに長く感じるでしょうね
やはり一日でも早く帰りたいでしょうから・・・
だから上手くやるしか無いですね

どちらにしてもボートに乗ったらスイッチONです

江戸川などは最初から日延べ覚悟で行ってるので何日目であってもあきらめがつきますし、
台風時期や冬場も風の強い日が続くので覚悟はしています

そして日延べは2日間だけで3日以上の日延べは無いので
開催日短縮になってしまいます
だからすでに2日間日延べしていて準優日が開催できなければ準優戦無しで
得点上位6人で優勝戦ということにもなります

こういうこともあるので選手の斡旋も2日以上はあけてあります
でも中2日で次の斡旋が入っていて2日間日延べしたら次の斡旋は休み無しで行くことになるのでそれも大変です

日延べも辛いですが荒れ水面も辛いですので
風の無い日を日々祈っています

もうひとつ・・・
「選手が着ているジャージについてですが]
これは3年に一回支給されるのですが
その時々でメーカーとデザインを選手会で選んでいるので
市販では同じような物はあっても見つからないと思います
y_kototaka at 09:14|この記事のURLComments(0)

2013年12月29日

良いお年を!!

明日から下関に行ってきます

丸亀は1着無しで優勝に乗ってしまったので
何とも言えませんが・・・

それでも良いように捉えればリズム上向きです

ということで毎年のごとくレース場で良い年を迎えたいと思います

今年は久々A1級になったかと思えば・・・
今度は久々B1級に降格・・・
悪い方へと倍返し食らった感じです

そんな波瀾万丈の1年でしたが
いつも温かく応援して頂いたファンの方々には心から感謝します

来年は匠戦などの斡旋も入ってしまいそうな年齢になってしまいますが
ボートレーサーはまだまだ今からと思っていますので
老け込まないようにしっかり頑張ります

来年もまた応援よろしくお願いします

そして皆さんも良いお年をお迎え下さい


ここからは質問についてです

『ボートに乗るまでの動作など』についてですが・・・
本当に人それぞれですよね

ボートに乗る前に敬礼するのは競艇学校で教え込まれているので
そこはみんなやるとして・・・

最近特に、飛び跳ねたりいろいろやってますが
緊張を取り解いたり、リラックスしたりするためだったり・・・
それぞれのルーティーンなんですよね

自分は『無事ゴールできますように』とつぶやくぐらいで
さっさと乗り込む方なので
乗り込むまで時間をかける選手と一緒だと・・・

ゴルフでも打つまでながい選手もいますし
野球でもテンポの悪いピッチャーやバッターはいますから・・・
見てる方は早くしてって感じですが・・・
それぞれのルーティーンで臨むことで良いパフォーマンスが生まれるんでしょね

2014年は新たなルーティーンで臨んでみましょかね

y_kototaka at 21:51|この記事のURLComments(0)
アルバム
本ブログパーツの提供を終了しました
3661プロフィール
3661 koji yanase
生年月日:1969.8.12
血液型:O型
第73期としてデビュー
通算優勝:5回
通算1着:788勝
(H25.2.1現在)
趣味:ゴルフ、スキー
特技:野球(タイガースファンです)
入場者数



天気予報
QRコード
QRコード
フリーメール(応募用)