2011年12月26日

新プロペラ制度 第2弾

進入について質問があったのですが・・・
ピットから離れて小回り防止ブイを回って、1号艇より先に、外の艇が2マークを回って横に流すって場面が良くあるんですが、そのまま、インコースに入るってのは、有りなんですか?」ということですが・・・

入ってもOKなのです
でも入りそうなら内の艇もそれなりに対応しますし
内側艇に気を遣いながら中途半端な気持ちで入っていくと進入違反になってしまうことも・・・

進入のルールに時間稼ぎを防止する為のようなものもありますが
選手はお互いのことを知り合っているのでメンバー次第で進入が深くなるか浅くなるかはだいたい予想はつきます

質問のような場合でも先に向けるような選手なのか誘い込みをしているのかもだいたい予測はつくものです

スタート展示が無ければもっと進入に動きが出ることは間違いないと思いますが・・・

選手の大半の意見はスタート展示無しが希望だと思いますが
ファンの方への情報の一つになっているようですので・・・

プロペラがオーナーペラのような時代に戻り・・・
スタート展示が廃止になれば結局は昔に戻ることに・・・
スタート展示廃止はいつになるかは・・・

ということで『新プロペラ制度』第2弾です

まず『新プロペラ制度』=『オーナーペラ』ではないのです
オーナーペラになるそうですが・・・」という質問もたくさん頂いていましたが・・・

オーナーペラというのはモーターを所有するオーナーさんがプロペラをエンジンに付けて出すのでプロペラ代もオーナーさんの負担となりますが
今回の新プロペラ制度ではプロペラは選手会(選手)の負担で各場にヤマト、ナカシマのペラをそれぞれ1枚づつ各モーターに備え付けるというものです

オーナー負担だったらこんなに早く話しはまとまらなかったと思いますし、もしかしたら実現していなかったかも・・・なのです

オーナーペラにしてたらヤマト、ナカシマの2枚も備え付けてもらえなかったでしょうし・・・

それに2枚どころか3枚備え付け案もありましたし、ヤマトだけ2枚というのも・・・
それでもファンの方にわかり易くする為には現行の決定案が一番なのかなと思っています

新プロペラ制度は、選手会負担ということで調整方法などを含めいろいろと意見を取り入れてもらってると思います
さらに、メリットもいろいろとあると思っています

オーナーペラの時代とやることは似たような感じになるかも知れませんが
オーナーペラでないことだけは言っておきます

他にもたくさん質問を頂いていますし、
アクセス数も見たことないぐらいになってます

それだけ感心を持って頂いているんだなと思っています

第何弾までいくかわかりませんが・・・
まだまだ書きたいこともたくさんありますし
少しずつ質問にも答えていきますので・・・

y_kototaka at 19:13│Comments(0)プロペラ | 質問回答

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アルバム
本ブログパーツの提供を終了しました
3661プロフィール
3661 koji yanase
生年月日:1969.8.12
血液型:O型
第73期としてデビュー
通算優勝:5回
通算1着:788勝
(H25.2.1現在)
趣味:ゴルフ、スキー
特技:野球(タイガースファンです)
入場者数



天気予報
QRコード
QRコード
フリーメール(応募用)